さらなる高みを目指すことによる将来性

ITエンジニアが将来性を考える上では、スペシャリストになれば良いというのが一般的でした。十分に特定の分野のスキルを身につけた上でスペシャリストとして専門企業に転職すれば、将来は安泰という考えが広まっていたのです。
このようなキャリアを想定しても大きな失敗はありませんが、ITエンジニアとしての将来性をもっと高めたいと考えたらジェネラリストを目指してみるのもいいでしょう。転職を活用して複数の分野に長けているITエンジニアになると、将来性が飛躍的に高まります。
多くの企業ではスペシャリストによる開発には限界があるという認識を持つようになりました。一人のエンジニアができる仕事には限界があり、分野横断的な開発をする必要が生じているのです。
特に斬新で社会にインパクトを与えられるようなシステムを開発しようとすると、ジェネラリストの存在が欠かせません。このような認識が広がっている現状があるからこそ、将来のためにジェネラリストを目指すのに意味があります。
特にスペシャリストほど一つの分野に長けていなくても需要は十分にあるでしょう。現場で働いているスペシャリストのエンジニア同士の橋渡し役を担えるだけでも、有用な人材と考えられるようになっているからです。
その上で自分が得意としている分野もあれば、さらに貴重な人材として迎え入れてもらえます。そのためには、同じ職場に留まらずに広くスキルを磨けるように転職を積極的に活用するのも一つの手です。
もちろん、人によって何を成功とするのか、その基準もさまざまで、自分が目指すところの目標に近づくための転職活動が欠かせません。もしかすると、独立という選択をする場合もあります。要は、自分自身のキャリアプランをしっかり見据えた行動が成功へと繋がるのです。ピンと来ないなら、エンジニアとして成功するためのハウツーが綴られた「ITエンジニアとして成功しよう!」に目を通してみるのもいいかもしれません。